Skip links
Explore
Drag

【株式会社Psychic VR LAb様 顧客インタビュー】カルチャーマッチ重視!マーケター、エンジニア、デザイナーの採用に成功!

こんにちは、ミギリク編集部です。

今回は弊社採用支援サービスをご利用いただいた株式会社Psychic VR LabのCHRO(最高人事責任者)の水谷享平さん、江口夏絵さんのお二人にミギリクについてのリアルな声をお伺いしました。

企業プロフィール

社名:株式会社Psychic VR LAb
業種:ファッション/アート/カルチャー/音楽などライフスタイルに特化したXR(VR/AR/MR)制作ツールの提供及び配信プラットフォームSTYLY事業
社員数:27人 2021/2/26時点
代表取締役:山口 征浩

「人類の超能力を解放する。」をミッションに、「STYLY」というXRプラットフォームで人類が今までできなかったことを可能にしていくXRスタートアップ企業。

https://www.spirinc.com/about

ミギリクのご利用を終えて

 

―ミギリク利用前の株式会社Psychic VR Lab様では、エンジニア採用においてどのようなことに悩まれていましたか?

水谷様:まず、採用ノウハウというものが自社に無かったことですね。
これまでは、弊社のSNSなどを見て応募してくれた方や業界内でのリファラル採用が多かったため、優秀な人材を集めるにはまず何をすればいいか?すら曖昧な状態でした。

自社に合った採用媒体の選定から効果的な運用ノウハウまで、自社でイチから経験を積むにはコスト面でもリソース面でも余裕がなかったので、ベンチャー・スタートアップ採用のプロである「ミギリク」にお願いしました。

また、リファラル採用ではどうしても紹介者や既存の社員に似ている人材が集まることが多く、事業が成長していく中で新鮮さを保つためにも全く新しい人材を求めていました。

―そうだったんですね。

エンジニア採用はリファラル以外だと採用媒体を利用することが多いですが、株式会社Psychic VR LAb様は当時、何か採用媒体を使っていましたか?

水谷様:採用媒体だと大手サービスをいくつか使用していましたが、思うように採用できませんでした。
自社に合った媒体ではなかったのか、求めている人材にはなかなか出会えなかった印象です。
弊社では最先端のVR技術を使ったサービスを提供しているため、日々目まぐるしく変化していく高度な要件や開発にも柔軟に対応していけるハイレイヤーのエンジニアを募集していました。
これまでに採用媒体では未経験エンジニアばかり集まり、本当に欲しい層とはほとんど出会えず、改めてエンジニア採用の難しさを実感しました。

―なるほど、確かに欲しい人材とピンポイントで出会うのって難しいですよね。

そこでミギリクを見つけていただけたのですね!ミギリクを使おうと思っていただけた決め手になったものは何ですか?

水谷様:コスト面など様々なところで比較検討しましたが、やっぱり一番は「高レベルエンジニアの採用には高レベルな採用方法」が必要だと思ったからですね。採用代行会社やRPOサービスはいくつもありますが、ミギリク程クライアントの採用に真摯に向き合ってくれそうなところはありませんでした。ミギリクにはベンチャー・スタートアップ、その中でも特にエンジニア採用の高い実績が多く見られたので、そういった意味でも安心して任せられるなと思いました。

また、ミギリクはもともとPRの会社というのもあって、採用に限らず企業ブランディングも行ってくれる点が他サービスとは違って魅力的に感じましたね。
事業拡大に伴い、「やらなければいけない」とは思いつつも中々リソースが割けなかった自社のブランディングまで採用支援と同時にしていただけるのもミギリクを選んだ決め手になりました。

―ありがとうございます!

ミギリクを使ってみて、実際に採用できましたか?

水谷様:マーケターを1名、QAエンジニアを1名、デザイナーを1名採用することができました。

弊社の最先端のVRサービスの開発にも柔軟に対応できる経験豊富な高レベルな人材を求めていたので、かなりハードルは高かったのですが、エンジニアをはじめ、マーケター、デザイナーなど優秀な人材を短期間で採用できたことに驚きました!

採用に対しての行動量には凄まじいものがあり、募集記事かた社内インタビューの撮影、一人一人のプロフィールに沿った丁寧なスカウトなど数々の手段を使って多角的に採用活動を行ったからこそ、今回の採用結果に至ったんだなと感謝しています。

また、担当していただけたコンサルタントに方の質も非常によく、急なミーティングにも親身になって取り組んでいただけましたし、レスポンスから行動まで非常にスピーディーな対応をしていただけ、私たちの要望をすぐに反映してくれたこともとても助かりました。

事業拡大中で何をするにも急いでいる状態の中で、しっかりとした採用活動を両立できたのはミギリクのお陰だと思っています。

株式会社Psychic VR LAb様は今回はじめてWantedlyという採用媒体を使われましたがいかがでしたでしょうか?

水谷様:Wantedlyは他の採用媒体とは違い、給料や福利厚生などの待遇が書けないので、表面上の条件ではなく企業のカルチャーやビジョンから一緒に働きたいと思ってくれる応募者が多く、ある程度マッチしている状態で面談に進むのでスムーズな採用活動ができてよかったです。全体的に採用まで至らなくとも高レベルで素晴らしい人材に多く出会えました。
また、Wantedlyは募集記事の制限がなかったり、画像が豊富に使える、企業の内面を伝えられつストーリー記事など採用ブランディングに必要な環境が整っており、運用の仕方一つでどこまででも弊社の魅力を推し出せる媒体だと感じました。
今回、知名度や業界有名人のいなスタートアップである弊社が大手に打ち勝って優秀な人材を採用できたのはWantedlyだからこそだなと思いましたね。

―今回はお忙しい中取材を受けていただきまして、誠にありがとうございました!

株式会社Psychic VR LAbが手掛ける事業

今回取材を受けていただけた株式会社Psychic VR LAb様では、
「空間を身にまとって過ごす世界」を、XRを通して実現するため、 VRクリエイティブプラットフォーム『STYLY』 を提供しています。

 

STYLYはこれまで一部のスキルを持った人間しかできなかったVR空間の構築のハードルを大きく下げたサービスで、一言であらわすと「VR版YouTubeのようなもの」です。

アーティストに空間表現の場を提供するSTYLYでは、

〇Webブラウザで誰でも簡単にXRコンテンツを制作できる「STYLY Studio」
〇Webブラウザで作品を閲覧できる「STYLY Gallery」
〇スマートフォンで作品を体験できる「STYLY Moblie」
など専門的な知識がなくてもVR空間が構築できるシステムが多岐にわたって存在し、これからも伸び続けるXR業界と共に大成長を続けるプラットフォームになっています。

株式会社Psychic VR LAb様では現在、サービスを世界各地で使われるツールへとグロースさせる仲間を募集しています!

詳細はWantedlyの募集ページに記載があるので、以下URLよりぜひご覧ください!

https://www.wantedly.com/projects/882131