Skip links
Explore
Drag

求人広告代理店と直販(メーカー)の違いを徹底解説!あなたの会社はどっち向き?

求人広告を掲載するときには、「求人広告代理店」に依頼する方法と「直販(メーカー)」に依頼する方法の2つがあります。

どちらが良いのかわからないという方も多いですが、適切に判断できれば、採用課題の解決、採用コストの削減など様々な効果が期待できます。

それでは、求人広告代理店と直販(メーカー)の特徴やメリット、デメリット、どういった会社が向いているのか貝瀬tしていきたいと思います。

求人広告代理店、直販(メーカー)とは?

”求人広告代理店”、”直販(メーカー)”がそれぞれどのようなものなのか、知っていますか?
まずは、両者の違いを明確にすることから始めましょう。

求人広告代理店とは?

求人広告代理店とは、求人メディアなどを直販(メーカー)に代わって販売する企業のことです。
一般的に、求人広告代理店というと様々な企業の求人メディアを取り扱う「総合広告代理店」のことを指しますが、一つの企業のメディアだけを取り扱う「専属広告代理店」と言われる形態もあります。

※この記事では、複数の求人メディアを取り扱う「総合広告代理店」について、記載しています。

直販(メーカー)とは?

求人広告業界では、「直販(メーカー)=求人メディアの運営元の企業」のことを指します。
求人メディアの直販としては以下のような企業が有名です。

企業名 運営求人メディア
株式会社リクルートキャリア リクナビNEXT
株式会社マイナビ マイナビ転職
エン・ジャパン株式会社 エン転職
パーソルキャリア株式会社 doda(デューダ)
株式会社キャリアデザインセンター type(タイプ)

求人広告代理店と直販(メーカー)の違いとは?

次に、求人広告代理店と直販の具体的な違いをみていきましょう。

1.料金

求人広告代理店も直販も、基本的に価格に違いはありません。

ただし、一般的には求人広告代理店の方が値引きなどのサービスを受けられる可能性は高いと考えられます。
その理由は、直販は”代理店に販売を委託している”という関係上、直販だけが値引きをし優位な条件で販売するということは考えにくく、求人広告代理店の方が値引きに応じてくれる可能性が高いからです。

※あくまでも、一般論であり求人広告代理店が値引きなどを保証する内容ではありません。

2.取扱媒体

求人広告代理店と直販では、取り扱う求人メディアの数が異なります。

直販が、自社の運営する求人メディアのみを取り扱うのに対し、求人広告代理店の多くは、運営会社を問わず様々な求人メディアを取り扱っています。
そのため、求人広告代理店の方が取り扱いメディア数が多いことがほとんどです。

3.得意な提案内容

求人広告代理店と直販では、得意な提案内容にも違いがあります。

求人広告代理店は、異なる企業の求人メディアを複数取り扱っています。
それぞれを比較し、どのメディアの効果が良いか、職種毎に相性の良いメディアはどれかといった提案を得意としています。

反対に直販は、自社サービスに対して深い知見を持っており、機能やオプションの案内、媒体に合った効果の出し方などの提案を得意としています。

4.利用可能エリア

直販と代理店では利用可能エリアにも違いがあります。

一般的に、直販は東京、大阪、名古屋といった大都市にしか拠点が無く、それ以外のエリアは求人広告代理店に販売を委託しています。

また、そもそも直販では一部の企業にしか営業活動を行っておらず、販売自体を求人代理店に委託しているというようなケースもあります。
そのため、会社の所在地によっては、求人広告代理店しか選択肢がないということも珍しくはありません。

求人広告代理店と直販(メーカー)のメリット・デメリット

次はそれぞれを利用するメリットとデメリットを紹介します。

求人広告代理店のメリット

①媒体の情報を平等に比較できる

直販の場合は、各媒体社は当然ながら自社のサービスが一番ベストだと売り込まざるを得ません。

求人広告代理店の場合は、取り扱っている求人媒体が豊富にあります。
そのため、各媒体の特徴やメリット・デメリットを平等に比較することができます。

また、営業担当を都度呼び寄せることなく1度にすべての情報収集をすることが可能です。
さまざまな媒体を比較検討していきたい企業様にはおすすめです。

②複数媒体を掲載する場合、大幅な工数削減ができる

複数の媒体に掲載する場合には、取材や原稿修正などの一連の作業を各求人サイトごとに行う必要があります。

その際、複数の媒体を取り扱う求人広告代理店に発注すると、取材や打合せが1度で済み、工数や時間は大幅に削減されるというメリットがあります。

また、別の求人媒体に乗り換える場合にも、最初から事情を説明する必要なく切り替えることができるため、応募進捗に応じて媒体を使い変えたいと考えている場合などにもおすすめです。

③複数の媒体のセット割引プラン

求人広告代理店にもよりますが、複数の媒体を一度に発注する際、各社のキャンペーンをうまく組み合わせることで直販にそれぞれ発注するよりも低価格で購入できる可能性があります。

求人広告代理店のデメリット

①直販より対応が遅れる場合がある

自社でサイトを運営しているわけではないため、内容によっては直販に対応を依頼することになります。

直販であれば直接対応部署に依頼できますが、求人広告代理店の場合は直販内の求人広告代理店の専用窓口に依頼することになります。

とはいえ、大手求人サイトの場合は各種作業を部署ごとに分担している場合もあるため、必ずしも直販の方が求人広告代理店よりも対応スピードが早いとは言い切れない点は注意が必要です。

②営業担当によって商材知識に偏りがある場合がある

求人広告代理店は提供できる商材が多岐にわたります。

そのため、求人広告代理店の営業担当者は直販の営業担当者以上に豊富な商材知識をつけておく必要があります。

すべての商材を網羅的に把握していることが理想ですが、営業担当ごとに求人サイトの知識に偏りがある場合もあります。

直販(メーカー)のメリット

①直販しか持っていないノウハウや知識を得ることができる

直販(メーカー)は、求人メディアの品質を、改善、向上しなければいけません。

そのため市場調査や利用者アンケート、プロモーション活動などに費用を投じ様々なデータを収集しています。
収集したデータは、代理店へも展開されることがほとんどですが、その中には、直販しか知らない情報や、代理店へ展開される前のノウハウなども存在します。

直販を利用していれば、このような情報やノウハウを得ることができるかもしれません。

②大手企業が多いので、安心感がある

直販には地方限定メディアを運営するような中小企業もありますが、一般的には全国展開するような大手企業が中心です。

また、テレビCMなど様々なプロモーションを行っているため、求人広告代理店と比較すると会社自体の知名度も高いことが多いです。

そのため、直販には大手企業、知名度の高い会社という安心感があります

直販(メーカー)のデメリット

①対応が画一的になりがち

直販は、求人メディアの品質やブランド力を保っていくために、求人広告の掲載や価格決定、提案方法など様々な点でルール作りをする立場にあります。

そのため、お客様の要望に合わせた細やかな対応というよりは、画一的で、販売代理店の見本となるような対応を重んじる傾向にあります。

対応が画一的で、代理店と比較すると融通が利きにくい、対応スピードが遅いというように感じられる場合があるようです。

②自社の求人メディアしか紹介できない

直販の提案は自社の求人メディアに限られているため、幅広く比較検討を考えている企業様には向きません。

また、営業担当者も自社メディアが1番だと思って提案をしているため他社媒体の情報に乏しいことが多く、提案内容が判断材料になりづらい一面もあります。

あなたの会社はどちらを利用するべき?

さて、ここまで求人広告代理店と直販の特徴やメリット、デメリットを紹介してきましたが、結局どちらを利用すればよいのでしょうか。

ここでは、ここまでの内容を踏まえ、それぞれに向いている会社の特徴を紹介します。

求人広告代理店向きの会社

①そもそも求人メディアの力がよく分かっていない
②採用業務に関して業者を増やすのは面倒くさい
③提案の幅を重視したい

求人広告代理店の最大の特徴は、求人メディアの取り扱い数が多いという点です。

そもそも求人メディアの違いが判らない、採用業務で取引先を増やすのは面倒だという場合に最適です。

また、取り扱い求人メディアが多いので、幅のある提案も期待できます。

直販(メーカー)向きの会社

①求人メディアにこだわりがある
②手間がかかっても、一つ一つの求人メディアについてしっかり知りたい

直販は利用する求人メディアが決まっており、他のメディアの紹介や比較検討は必要がないという場合に利用するとよいでしょう。

また、会社や上司・役員などの方針で、直販を利用するように指示されているといった場合も直販を選ぶ理由となります。

その他には、手間がかかっても、一つひとつの求人メディアの特徴を直販から聞いて知っておきたいという場合にも、直販を選ぶとよいのではないでしょうか。

求人広告代理店を選ぶ際のポイント

ここまでお読みいただき、求人広告代理店の方が自社に適していると思われた方もいるのではないでしょうか。

その方達のために、具体的に求人広告代理店を選ぶ際に重視したい3つのポイントを紹介します。

会社情報の確認

①ホームページの有無

ホームページを構えている法人(株式会社、有限会社、合同会社など)であれば、ある程度の資金があり会社組織としての体制がとれている可能性も高く安心です。

②従業員数

従業員数が多い求人広告代理店の方が専任営業担当者がつく可能性が高いため、掲載までの流れもスムーズになります。

③取扱媒体数

取り扱い媒体数はある程度多い方が良いです。一つの求人メディアで多くの案件に対応させるより、多くの求人メディアから最適なものを選んだ方が求人の効果は高くなるからです。

つまり、取り扱い媒体数は求人広告代理店の採用スキルに直結するポイントなのです。

④所在地はどこか

求人広告代理店のある場所にも注目しましょう。

いわゆるビジネス街にあれば基本的には問題ありませんが、住所が繁華街の中の雑居ビル、マンションの一室になっているといった場合は、注意したほうが良いかもしれません。

人材採用の知識やスキル

①潜在的課題に気づいてくれるか

アルバイト採用を成功させるためには、自社の様々な問題点(募集が来ない等)を解決していく必要があります。

自社で把握している問題点以外に、第3者視点から見た時の問題点に気づき、解決策を提示してくれる求人広告代理店を選ぶのが良いでしょう。

②デメリットを伝えてくれるか

販売したい為だけに、メリットばかりを推してくる会社もありますが、これではカスタマーファーストとは言えません。

例えば、
「この媒体は女性ユーザーが多いので男性へのアプローチはあまり強くありません」
「この媒体は、応募者が集まりやすいですが、コストが他よりも高いです」
と言うように、正直にデメリットも伝えてくれる求人広告代理店は信用性が高く、お客様の課題に寄り添った提案をしてくれるでしょう

③人事・労務の知識

社会保険、給与、有給休暇、就業規則、税金関係など、人事や労務周りの知識を知っていないと、真の提案はできません。

また、求人広告代理店の中には、求人広告がメイン事業の会社、他の事業の傍らで求人広告を取り扱っている会社があります。
当然ですが、求人広告をメイン事業にしている方が人事・労務の知識やノウハウを持っている可能性は高いです。

サポート体制が充実しているか

①連絡・やりとりがスムーズであるか

連絡がまる1日返ってこなかったり、土日祝は一切対応ができないなどの連絡関係に支障が出ると採用活動の進捗に大きな遅れが発生してしまいます。

レスポンスが早かったり、親身に課題を解決しようとしている体制が整っている求人広告代理店や担当者は、採用を成功させるには重要です。

②改善点の指摘やアイデアの創出しっかりしてくれるか

求人広告代理店の中には、広告出稿するだけで、その後のサポートが全くない代理店もあります。

一方で優秀な求人広告代理店は、良かった点や悪かった点を踏まえ、次回以降の提案やアイデアを出すなどサポート体制が整っています。

採用後にも頻繁に連絡をくれたり、今後の方針について考えてくれたりする求人広告代理店・担当者を選ぶことは非常に大切です。